【QASH】世界初となる法令を遵守したICOを実施決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

QASH(キャッシュ)とは


QASHとは金融サービスにおける決済用仮想通貨です。
後述の「LIQUID(リキッド)プラットフォーム」及び
QUOINE(コイン)の既存プラットフォームで提供される
すべてのサービスに使用されるよう設計された仮想通貨です。

また、QASHは資金決済法上の第1号仮想通貨に該当することから
ビットコインやイーサリアムだけでなく、
日本円でもご購入する事が可能です。

基本的に日本在住の人が購入対象者となり、
QUOINEX(コインエクスチェンジ)に登録し
口座を開設することでQASHを購入できるようになります。

以前の記事でQUOINEXについては紹介してありますので
そちらも併せてご確認ください。

QUOINEXの特徴とメリット

とりあえず登録したい方はこちらからどうぞ。

LIQUID(リキッド)とは?


公式によると、「仮想通貨にかかわるすべての人にグローバルで流動性を提供するプラットフォーム」とあります。

正直これだけではよくわかりませんよね。

さらにホワイトペーパーを見ると以下の記載がありました。

QUOINE LIQUID プラットフォームは世界中の流動性を集約した単一
の取引プラットフォーム(ワールドブック)と、これに付帯する一連のサービス
(プライム・ブローカレッジ)から構成されており、最高水準の流動
性の提供を可能にします。プラットフォームを使用することで、誰もが新たなクリプト経済が提供
するあらゆる機会を利用できるようになります。

独立している仮想通貨を単一のプラットフォームで取引できるようにし
仮想通貨上の経済=クリプト経済を潤滑にまわせるようにしたい、ってことなんでしょうか。

服屋とかスーパーとか本屋がそれぞれ商売しているのを
ショッピングモール的にまとめて且つ様々な国の通貨どれでも買い物ができる、
みたいなプラットフォームという事でしょうか。

開発中な為、現時点では想像でしかありませんが
実現できれば取引ボリュームはかなりの数字になることが期待できますね。

QASH(キャッシュ)トークンはだれでも購入できる?

ホワイトペーパーに下記内容が記載されています。

購入者の制限
QASHもしくはそれに類するクリプト・トークンの購入を禁じられる可能性がある、もしくはトークンセールが適用法令に適合するとみなされ
ない可能性がある国又は州の国民又は(税務上その他の)居住者は、トークンセールを通じてQASHを購入する権限を有しておらず、購入す
ることはできません。特に、中華人民共和国の居住者は、トークンセールを通じてQASHを購入することができません。

要約すると以下2つです。

  • 中国居住者はNG
  • 国や州などで違法になる可能性がある地域の居住者はNG

あくまで「その国の法令を守ってくださいね」というスタンスの様です。

日本に住んでいれば誰でも購入できるの?

QUOINEXに登録して口座さえ開設できれば誰でも購入できるようです。
ただし、取引には他の取引所と同じく「証明書類」が必要になります。

尚、以下にそれぞれ必要な証明書を記載しておきます。
必要なのはパターン1なら1枚。
パターン2なら2枚でどちらか1パターンでOKです。

パターン1:写真付き証明書

運転免許証 ・有効期限内、または現在有効なもの
・住所・氏名を変更されている場合は裏面も送付 
・有効期限、免許証番号ならびに都道府県公安委員会の印(住所・氏名変更の裏書き箇所の印)が確認できる状態のもの
住民基本台帳カード  ・有効期限内、または現在有効なもの 
・住所、生年月日、現住所、有効期限が記載された面も送付 
・裏面に変更の記載がある場合は、裏面のコピーを送付
個人番号カード  ・送付は表面のみ。マイナンバーのある裏面は送付しない 
・QUOINEXに届いた時点で有効期限内のものに限る
パスポート  ・有効期限内、または現在有効なもので、日本国発行のもの
・顔写真入りのページおよび現住所が記載されている所持人記入欄のコピー
・氏名変更がある場合は、新氏名が記載された「追記」ページのコピーも必要 

パターン2:写真なし証明書

各種健康保険証
または共催組合員証
・有効期限内、または現在有効なもの
・現住所、氏名、生年月日、有効期限が記載された面のコピー 
・カード式の保険証で裏面に住所欄があるものは、裏面のコピーも送付
・被扶養者の場合は、自分の氏名が記載されているページのコピーも必要
住民票の写し ・発行日から 6 ヶ月以内のマイナンバー(個人番号)の記載のないもの
・氏名、生年月日、現住所および発行日、公印が確認できるもの 
・複数ページある場合は、全ページを送付
住民票記載事項 証明書 ・発行日から6ヶ月以内のマイナンバー(個人番号)記載のないもの 
・氏名、生年月日、現住所および発行日、公印が確認できるもの 
・複数ページある場合は、全ページを送付
印鑑登録証明書  ・発行日から 6 ヶ月以内のもの 
・氏名、生年月日、現住所および発行日、公印が確認できるもの

その他:外国籍の人の場合

日本居住で外国籍の人の場合、下記3つのうちどれか一つでOKとの事です。

在留カード ・現住所、氏名、生年月日、交付日が記載された面を送付
・有効期限内、または現在有効なもので在留期間内のもの
・裏面に変更事項の記載がある場合は裏面のコピーも送付
特別永住者証明書 ・現住所、氏名、生年月日、交付日が記載された面を送付
・有効期限内、または現在有効なもので在留期間内のもの
・裏面に変更事項の記載がある場合は裏面のコピーも送付
外国人登録証明書 ・現住所、氏名、生年月日、交付日が記載された面を送付
・有効期限内、または現在有効なもので在留期間内のもの
・裏面に変更事項の記載がある場合は裏面のコピーも送付

いつから購入できるの?

Qash count down

QASHトークンは日本時間で2017年11月6日(月)のAM1:00:01から開始となります。

画像にもうっすらと表示されていますが
開催期間は最短で1週間。
最長で1か月となっています。

1週間未満で売り切れたらどうなるのかは現在調査中です。すいません。

最低購入金額は?


最低購入数量は記載の通り500QASHの様です。

500QASH=0.5ETH とあるので
実質最低購入金額は15000~20000円位になると思います。

今後のスケジュール


■2017年11月:QUOINE QASH の ICO開始

■2017年内:QRYPTOSでのトークン及びセルフサービスによるトークン上場サポート

■2017年~2018年3月:QUOINE LIQUID ワールドブック・ベータ開始

■2018年3月~6月:QUOINE LIQUID 公式開始

また、新しい言葉が出てきましたが
「ワールドブック」と言うのは下記の説明がありました。

世界中に点在する仮想通貨取引所が提供する全ての流動性を
一つの取引プラットフォーム(World Book)に集約。

ここも結構混乱したのですが
LIQUIDプラットフォームというのが
「ワールドブック」と言うプラットフォームを指している様です。

流動性をまとめるLIQUIDプロジェクトのプラットフォームが
「ワールドブック」という事になると認識しています。

投資すべきかどうか

まず初めに、QASHトークンは
購入後換金ができません。

ホワイトペーパーにもしっかり記載しています.

また、購入に関するリスクは購入者は承知の上で買う事とする、みたいな記載もあるので
「最悪サービスリリースできなくても責任取れないよ」と謳っています。

金融庁認可であることや法令遵守したICOであることから
期待値は高いと思いますが、「ワールドブック」の敷居の高さから
開発が滞るのではないかと思います。

という事はICOで資金が調達できても
暫くはネガティブイメージが蔓延して
さらにプロジェクトが滞る、という未来になりそうです。

長期的に見ればかなり安全なプロジェクトだと思いますが
どれだけ気長に待てるか、が投資するかどうかのポイントになると思います。

ホワイトペーパーをすべて読み切れたわけではないですが
この記事は随時追記予定ですので
定期的にチェックいただけるとお得かもしれません。

 

 

クリックしてもらえると嬉しいです

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。