【仮想通貨】SBIーHDがSコイン発行へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは!
耳よりな情報が入ってきたので
Sコインについてまとめて行きます。

Sコインとは

9月28日(木)にSBIホールディングスから
下記の発表がありました。

ブロックチェーン関連技術を活用した 新たな決済用プラットフォームの開発に関するお知らせ

本文から一部引用。

2020年の東京オリンピックに向けて政府もそれを後押しすべく、決済端末の導入支援などで大都市圏の主要施設や観光地などで100%キャッシュレス対応を、2027年までにキャッシュレス決済比率を米国並みの40%に引き上げることを決定しています。当社の決済用プラットフォーム「Sコインプラットフォーム」(以下「本プラットフォーム」)では、仮想通貨や前払式支払手段の電子マネー等、様々な電子通貨を発行し決済に利用することが可能となっており、当社が発行する「Sコイン」や地方自治体・事業会社・地域金融機関などが発行する独自のコイン(トークン・地域通貨)を用いて、スマートフォンを用いた簡易な決済手段を提供していきます。地方自治体や事業会社、地域金融機関は本プラットフォームを導入することで大きな初期投資を必要とせず様々な地域のニーズに合ったコインを発行することが出来るようになるほか、コイン同士の交換も出来るようにする予定です。

注目ポイントは以下の点です。

  • SBI独自の決済用プラットフォームを開発する
  • 独自プラットフォームで利用出来る「Sコイン」を発行する
  • 「Sコイン」含め地方自治体などが発行する独自のコインを決済できる様にする
  • スマホを用いた簡易な決済手段の提供
  • 「Sコイン」と別のコインを交換できるようにする

上記の様なビジョンがあるとの事です。

発表の内容から「Sコイン」は
あくまで一つの決済手段として、
様々なコインやトークンを
「一つのプラットーフォーム上で決済できるようにする」事が
今回の発表の主旨だと感じました。

Sコインプラットフォームの開発元は?

「株式会社Orb」とSBIで共同開発する予定との事。

開発に関して「FinTechファンド」等を通じて出資を行っているとの事です。
出資を行っているということは
他のコインのように「ICO」を実施せずとも
いきなり開発を進めて行ける強みがあるとの印象です。

また、リンク先に記載がありますが
「SBIグループの様々な出資先・提携先企業の
技術基盤を最大限活用することで迅速な商用利用化を目指す」とあります。

これからどのようなプロセスで進んで行くかも注目ですね。

どんなプラットフォームになるのか

<本プラットフォームで提供を目指す3つの価値>
①いつでも・どこでも安心して利用できる日常通貨
②決済コストの大幅な低減
③決済していることを意識させないフリクションレスペイメント

※フリクションレスペイメントとは:「あつれき」や「摩擦」の無い支払い、
つまりタイムラグなどで待たされたり、機会損失などを起こさない無いスムースな支払方法との事

Sコインはいつから利用可能?

本年度中にSBIグループ内で利用可能にし
利用可能店舗の拡大、地方公共団体や事業会社、地域金融機関などのネットワーク拡大を図るとの事です。

さらに、商用利用の目途がつき次第、
オープンプラットフォームとして公開を予定していると記載がありました。

インフラを提供する事でお客を取り込んで行く路線ですね。

電子マネーや独自トークンからの
仮想通貨交換が実現されれば
市場規模はかなり大きくなる事が予想できます。

いまから「Sコイン」の発表を心待ちにしておきたいと思います。

COMSAのトークンが雲行き怪しい中ででてきた
期待できるプロジェクトです。

続報が出次第またご紹介していきますので
よかったらチェックお願いします!

クリックしてもらえると嬉しいです

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。