【仮想通貨】仮想通貨を簡単にわかりやすく説明します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

今回は仮想通貨への投資を考えている人に
「仮想通貨」ってそもそも何
安全なの?リスクはないの
という点をご紹介していきたいと思います。

そもそも仮想通貨って何?


仮想通貨というのは
インターネット上で使える実体が無いお金の事を指します。

世界中で使える電子マネーの様なもの、
と最初は思ってもらって大丈夫です。

「通貨」という言葉から誤解を産みやすいのですが
本来、通貨というのは
法律の定めによって一国内に流通する貨幣」を指します。

つまり日本なら円、アメリカならドルといった風に
「この通貨は法律で定められたお金だよ」というのが本来「通貨」を意味します。
法律で定められた通貨を「法定通貨」と呼びます。

じゃあ仮想通貨はどこの国のお金なの?

ここから少し難しくなりますが順番に進めていきますね。

仮想通貨というのは
どこかの国の法に定められた通貨ではない
と言うことを覚えておいて下さい。

あれ?
ついさっき国の法で定められたのが通貨だっていってなかったっけ?

はい、言っていましたw

ですので厳密に言うと
「仮想通貨」という名前だけで
「実は通貨じゃない」お金ということになります。

ここがややこしいところであり
「仮想通貨」というものを正しく理解する上で
誤解を招く原因であると思っています。

たとえば「仮想通貨」ではなく「仮想貨幣」とかそういう名前であれば
シンプルに言葉の定義も棲み分けできたと思うんですけどね・・・
何故か「仮想通貨」という名称で定着してしまいました。

従って本来の「通貨」という意味と
「仮想通貨」の「通貨」は実は違っているということになります。

サツキ:「夢だけど!夢じゃなかった!」

みたいな感じです。

・・・違いますね、すいませんww

 

結論として「仮想通貨」は
特定の国や機関が発行したものではなく
実は「通貨」でもないと覚えておいてください。

ここからは余談なのですが「仮想通貨」の英語表記が
「Virtual currency」(バーチャル カレントリー)という名称です。

その為、日本に入って来た時に

 

「バーチャルカレントリーって何だ?」

 

となり、翻訳してみた結果

「バーチャルカレントリーは仮想通貨という意味か」

みたいな流れで「仮想通貨」と言う名前が
広まっていったのだと推測しています。
(推測ですいません)

話が逸れましたがまとめると以下の様になります。

  • 法廷通貨:実体有、法で定められている、国固有
  • 仮想通貨:実体無、法で定められていない、国は関係ない

電子マネーと一緒じゃないの?

「仮想通貨」と「電子マネー」は同じものじゃないの?
と思われるのはもっともだと思います。

イメージ的には違いがよくわからないですよね。
順番に理解していけば特に難しいことは無いので
ゆっくり理解していってください。

具体的なところで電子マネーと
仮想通貨の違いには以下の点があります。

発行元の違い

電子マネーは発行元が存在している

  • 例)
  • Suica→JR東日本が発行
  • nanaco→株式会社セブン&アイ・ホールディングスが発行

仮想通貨は発行元が存在しない

  • 発行ルールは全てプログラム上のコードで決められている

換金ができるかどうか

電子マネーは「基本的に」換金ができない
※できる電子マネーも一部ある
日本円→電子マネー:◯
電子マネー→日本円:×

仮想通貨は換金が可能。また譲渡、売却、購入が可能

価値の変動

電子マネーは基本的に価値が変わらない(例:1ポイント=1円 など)
仮想通貨は日々価値(価格)が変動している(例:1.0ビットコイン=30万〜50万円)

 

こうしてみると違いがわかりにくい点もありますが
仮想通貨の特徴として下記があります。

  • 価値が日々変動する
  • 売ったり買ったりあげたりもらったりできる
  • お金に換金できる
  • 世界中で使える

電子マネーはこんな感じ。

  • 価値が固定
  • 売ったり買ったりあげたりもらったりはできない
  • 現金を電子マネーに交換しているだけ
  • 使える場所やサービスが限定される

今後、仮想通貨で支払できる場所が増えれば
とても便利になるような気がしませんか?

仮想通貨のリスクは?

仮想通貨のリスク一つ目は先程ご説明したとおり、
「日々価値が変動」することです。

つまり、「価値が上がることもあるし下がることもある」という事です。

例えば1ビットコインを10万円で購入したとします。
翌日ビットコインの価値が3倍になったら
1ビットコインの価値は30万円です。

3倍になった時にビットコインを日本円に換金すると
手数料などを除いて20万円の利益となります。

ほくほくですね。

もちろん逆の場合もあって
価値が5分の1になってしまって1ビットコイン2万円となってしまう場合もあります。
この「価値が下がってしまう」というのが
仮想通貨含めた投資のリスクということになります。

さらに、もう一つ忘れてはいけないリスクが
仮想通貨そのものを盗まれてしまう可能性があるという事です。

最近は仮想通貨がメジャーになった事で
取引所のセキュリティも強固になっていますが
以前大きな取引所が仮想通貨の盗難にあい、
閉鎖に追い込まれた事件もありました。

仮想通貨のリスクまとめ

  • 仮想通貨の価値がさがって損する可能性がある
  • 仮想通貨が盗まれてしまう可能性がある

これだけ聞くと「仮想通貨あぶないんじゃ・・・」と思うかもしれませんが
盗まれてしまうことに関しては対策がいくつもとれるので
怖がる必要はないとおもいます。

自分の家と同じで
鍵をしっかりかけ、貴重品は出しっぱなしにせず
監視カメラをつけてホームセキュリティすれば
泥棒に入られる可能性はほとんどありませんよね。

それと同じで、パスワードを強固にし
2段階認証とログイン通知メールの設定など
やれることは沢山ありますので
これから始められる方はしっかり準備してのぞんでくださいね。

当サイトではCoincheckが簡単でわかりやすいので
初心者の方におススメしています。

過去の記事でも
なぜCoincheckをおススメするのか記載していますので
そちらもご参考までに見てみてくださいね。
過去記事:先人はなぜコインチェックをおススメするのか

 

「仮想通貨 リスク」って検索すると「これじゃない」ものが表示される件

これは仮想通貨を始める上で私も同じ目に逢いましたw

実は仮想通貨の一種にその名も「リスク」(LSK)というコインがあり
初心者の人が知りたい「危険性」という意味でのリスクとは
別のものが表示されます。

これはリスクコインを開発した側の
作戰勝ちですねw

LSKというコインは名前の割には
割と堅実な値上がり方をしていて
「リスクはノーリスク」なんて発言をしてる人もいるぐらいですw

結局仮想通貨は儲かるの?

ここまでの長文、読んで下さってありがとうございます。
あと少しだけお付き合いください。

最後に皆さんが一番知りたいと思われる
「結局稼げるの?」という点に関してですが。

初期投資1万円でも1億円稼ぐ事は可能です。

もちろん1億円という数字は簡単ではありませんが
ここ1年で億万長者になった人は何人もいらっしゃいますし
私もすくないながら確実に利益をあげています。

損をする可能性も勿論ありますが
仮想通貨は儲けられる可能性がある、のは間違いありません。

あくまで投資ということをお忘れなく

儲けられる可能性があることはお伝えした通りですが
「投資に絶対はない」と言うことを覚えておいてください。

結局、始めるのも自分のお金を使うのも
稼ぐのも損するのもあなたです。

よく考えてから無理なく挑戦してみてください。

それではより良い仮想通貨投資ライフを!

クリックしてもらえると嬉しいです

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。